ブログ

blog
TSUBUYAKI

藤見学園のつぶやき

ブログのブログ

藤見幼稚園藤見幼稚園

誕生会がありました!

本日は2月生まれのお友達の誕生会がありました。

藤見幼稚園藤見幼稚園

雛人形を飾りました

藤見幼稚園でも雛人形を飾りました。

玄関に飾ってある雛人形を、子ども達は足を止めて眺めていました。

藤見グループ

幼稚園の先生の社会的評価

ちょっと難しい話になりますが…

経済協力開発機構(OECD)保育士や幼児教育に携わる幼稚園教諭らを対象にした国際調査結果を公表した。「社会から評価されている」と感じている割合は日本は3割で、分析対象の8カ国中で最も低かった。給与への満足度も低かった。一方、日本は他国に比べて学歴水準が高く、大半が専門的な訓練を受けていたいることも確認された。とあります。

日本では幼稚園の先生は子どもと遊んでいるだけでしょ、という見方をされます。小学校の校長先生でさえそういう認識をされている人がいます。そんなことはありまえん。すべてはしっかりとした計画を立てているからこそ、子どもが成長していくのです。

以前ブログにも書きましたが、世界では幼児教育こそが人生において一番重要であることに気付き始めています。日本はまさに逆行していると言えます。

このままでは幼稚園の先生に魅力を感じず、幼稚園の先生を目指す人がいなくなるのではないかと不安になることもあります。

是非、幼稚園の先生こそ教育の要と保護者の皆さんに認めてもらい社会的地位をあげていただきたいと思います。

毎年発表会を見て感じることは、本当に先生たちはすごいなー、子どもたちを一つにまとめ上げる力、それは日本の幼稚園の先生でしかできないと思います。

藤見グループ

発表会

今年も発表会が終わりました。子どもたちの最後の発表の場ということではりきって練習をしていました。

今年のフィナーレはアナと雪の女王でした。子どもたちもテレビや映画で見ていたので喜んで毎日練習以外でも歌声が聞こえていました。

発表会の後、帰るお母さんたちの顔を見るととても満足して頂けたんだなーと感じることができました。

幼稚園の先生の仕事はとても大変な仕事です。でも、子ども達の笑顔と成長、何よりもお母さんたちからの喜んでもらえる声が仕事を頑張れる源です。ぜひたくさん声を頂ければなーと思います。

「シアワセ」は自分で作る

3つの要素のうちの「本人の意図的要素」によりシアワセは自分で作ることができるそうです。

一般に成功している人の思考を見ると「楽観する力」「強みを磨く力」「マインドフルネス」「思いやる力」「感謝する力」が強いそうです。この部分が北欧の人が強いのかもしれませんね。

日本人はどちらかというと、まだ「シアワセ」の価値観を「社会的要素」に求める部分が強いのかもしれません。しかし、社会的要素の「シアワセ」は持続しないそうです。「バブル経済」の時代は幸せだったのかもしれませんね。でも長続きはしませんでした。

今はシアワセの価値観が変わってきているのでしょう。そこには非認知能力の要素があちこちに見られます。

子ども達が「シアワセ」になるためには、私たち大人の「シアワセ」の価値観を変えていかなくてはいけないのかもしれないですね。

「シアワセ」のかたち

 宇都宮の講演では大豆生田先生も井上先生も「シアワセ」の話をしていました。特に井上先生のお話が印象に残りました。「幸福度ランキング」って聞いたことがありますか?新聞やネットでも取り上げられているのを見たことがあると思います。

日本の順位は何位かわかりますか?毎年下げ続け今年は58位となってしまいました。では、トップ3はというとフィンランド、デンマーク、ノルウェーだそうです。北欧は強いですね!

世界ではシアワセの研究が進んでおり、シアワセが科学の対象となっているそうです。う~難しい。

シアワセには3つの要素があり、「遺伝的な要素」が50%「社会的要素」10%「本人の意図的要素」が40%だそうです。そうです。 シアワセは自分で作ることができるのです。*社会的要素とは地位やお金など社会的環境で生まれる「シアワセ」

日本人はどちらかというと、まだ「シアワセ」の価値観を「社会的要素」に求める部分が強いのかもしれません。しかし、社会的要素の「シアワセ」は持続しないそうです。

つづく…

宇都宮への研修会参加

先日、宇都宮で行われた関東地区の代表者協議会に行ってきました。無償化などの制度説明のほかに、テレビでもおなじみの玉川大学教授大豆生田先生(Eテレ「すくすく子育て」)や住職で心理学も学んでいる井上広法氏(テレ朝「ぶっちゃけ寺」出演)の話を聞きいてきました。井上氏の話のシアワセの話はとてもためになりました。機会を見つけて皆さんにもお知らせします。

society2

昨日は東京の市ヶ谷で全日本私立幼稚園連合会の政策担当者会議に出てきました。

地方財政(地方交付税の話)や無償化の話でした。その中で文科省の幼児教育課長からSociety5.0の話がありました。簡単に言うとインターネットでつなぐ最新のテクノロジーを使った非常に便利な社会。病院に行かなくても診療ができたり、無人の店舗がいっぱいできたりするような社会だそうです。

「人口知能(AI)の発達により、10~20年に消える仕事・残る仕事」の資料です。

society5.0?

先日、新潟市の幼稚園協会から政令指定都市の会議の資料が届きました。無償化の話から、日本の未来像まで、文部科学省の担当が56ページの資料でまとめていました。

内閣府の「society5.0の到来」という資料はとてもわかりやすく、societyを1.0から5.0まで分け、society1.0を狩猟、2.0は農耕、3.0は工業、4.0は情報で1.0を明治以前とすると2.0は戦前、3.0は戦後の昭和、4.0は平成であり、5.0はこれから始まる令和の時代なのではないでしょうか?そうです、今の子ども達の将来の職業こそsociety5.0の時代になるのです。

ではsociety5.0とは何でしょうか?「サイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(society)]

あれ、かなり難しくなってしまいました。

簡単に言うとこれから新しい社会が始まるということです。GoogleやFacebookがもう動いているように、2020年は5Gが始まり新しい時代の幕開けとなります。身近な話でわかりやすいのは車が自動で動くCMではないでしょうか。現在の職業の47%は消え、今の子ども達は65%の未知の職業に就くと予測しています。AIではできない、人とのコミュニケーションで成り立つ職業はなくならないと言われています。(幼稚園教諭・保育士もです。)だからこそ、藤見学園では子ども達の経験を大事にし、いろいろなことを感じて大人になってもらいたいと思います。

5人の妖精

ホームページリニューアルと共に藤見学園の園庭に5人の妖精が舞い降りてきました。子ども達とともに楽しく遊んでいます。

紹介します。

いつも元気で、情熱的な火の妖精「ぴか・ぴかりん」                                     

もの作りが上手でアイデアマンの木の妖精「トン・とんかち」   

勉強大好きなもの知り博士の土の妖精「B・ブラウン」          

優しくて花を育てるのが得意な水の妖精「J・ジョーロ」         

アイドルになりたい目立ちたがりの風の妖精「くる・くるりん」      

ホームページの「藤見学園トップページ」で紹介をしていますのでご覧ください。