ブログ

BLOG

society5.0?

先日、新潟市の幼稚園協会から政令指定都市の会議の資料が届きました。無償化の話から、日本の未来像まで、文部科学省の担当が56ページの資料でまとめていました。

内閣府の「society5.0の到来」という資料はとてもわかりやすく、societyを1.0から5.0まで分け、society1.0を狩猟、2.0は農耕、3.0は工業、4.0は情報で1.0を明治以前とすると2.0は戦前、3.0は戦後の昭和、4.0は平成であり、5.0はこれから始まる令和の時代なのではないでしょうか?そうです、今の子ども達の将来の職業こそsociety5.0の時代になるのです。

ではsociety5.0とは何でしょうか?「サイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(society)]

あれ、かなり難しくなってしまいました。

簡単に言うとこれから新しい社会が始まるということです。GoogleやFacebookがもう動いているように、2020年は5Gが始まり新しい時代の幕開けとなります。身近な話でわかりやすいのは車が自動で動くCMではないでしょうか。現在の職業の47%は消え、今の子ども達は65%の未知の職業に就くと予測しています。AIではできない、人とのコミュニケーションで成り立つ職業はなくならないと言われています。(幼稚園教諭・保育士もです。)だからこそ、藤見学園では子ども達の経験を大事にし、いろいろなことを感じて大人になってもらいたいと思います。

« 前の記事へ
HOME
次の記事へ »